次世代統計システムAPI活用について

April 04, 2015

政府統計総合窓口API機能
上記の利用登録を行ってAPIkeyを作成します

コードはこんな感じ

# -- coding: utf-8 --
require 'open-uri'
require 'rexml/document'

xml = open("http://api.e-stat.go.jp/rest/2.0/app/getStatsList?appId=#{'API KEY'}")
doc = REXML::Document.new(xml)
# puts doc
doc.elements.each('GET_STATS_LIST/DATALIST_INF/LIST_INF') { |element|
puts "ID:#{element.attributes["id"]}"
puts "統計名:#{element.elements["STATISTICS_NAME"].text}"
puts "タイトル:#{element.elements["TITLE"].text}"
}

使用例

上手に使うと下のようなことができる。
統計情報データベース-API機能活用事例(主要な統計をまとめて表示)

API仕様

http://www.e-stat.go.jp/api/api-spec/

政府統計の総合窓口(e-Stat)のAPI 仕様

http://www.e-stat.go.jp/api/e-stat-manual/

APIの使い方

http://www.e-stat.go.jp/api/how_to_use/

このエントリーをはてなブックマークに追加