programing-thinking

June 22, 2015

プログラミングの考え方まとめ

【エンジニアの基礎】プログラミングをする目的と学ぶ上での考え方

http://u-note.me/note/47491002

" プログラミングをするときには、押さえておきたい考え方の基礎があります。基礎をしっかりと学ぶことで、プログラミングの考え方やコードの書き方も変わっていくのではないでしょうか。ここではプログラミングの考え方の基礎について話していきます。"

プログラミングを作る際の考え方

http://blog.livedoor.jp/forblog0517/archives/1023654895.html
"プログラミングはコードを覚えても組めるようにはなれない

ということです。

「え?じゃあどうやって組めるようになるんだよ!」

と思う方もいらっしゃると思います。

実際、for文やif文を解説した記事も載せているので

もの凄い矛盾しているように聞こえますね(笑)

でも、私もそうでしたが、本を買ってコードを一生懸命覚えようとしていたときは

まったく組めるようになりませんでした。"

フローチャート(流れ図)とは

http://wwwpat.eng.u-toyama.ac.jp/flowchart/fc_sct.html
"フローチャート(流れ図)とは
演算データ、処理の流れ、装置などを表現するために記号を用いて表した図表のこと。 フローチャートを用いることによりプログラムの流れや使用する装置などが正確に把握でき、 第三者にも伝えることが可能となる。
フローチャートが描けるということは与えられた問題を分析し、 そして理解できたということにつながる。 これは優秀なプログラマになるための第一歩である。"

フローチャートの書き方

http://sasuke.main.jp/furo.html
"フローチャートを書く事は、時間がかかり、作業効率が悪くなるんじゃないかと思われる方もいらっしゃるとおもいますが、実際はフローチャートを書く事はプログラム作成が効率的になり、それにかかる時間が大幅に節約されます。
 また、フローチャートを書いてから作ったプログラムは、バグが大幅に減りプログラムテスト後の修正の時間の短縮になります。"

このエントリーをはてなブックマークに追加